音痴を治す

音痴を治すには?

音痴の原因には、大きく分けて、「聴覚に問題がある」場合と、「歌う事に慣れていない」場合があります。
この聴覚に異常があり、正しい音程が脳に伝わらない事による音痴は、自分でも気付かないケースが多いです。
この場合、自分の歌声をいくら聴いても、音程が合っているのかズレてるか全然分からないのですから、そもそも正しい音程がつかめていないという事なのです。
こういった音痴の場合は、まず音を覚える事から始めなければなりません。
正しい音を捉える事が出来るようにするところからが、スタートなのです。
次に、歌を歌う事や音程を取る事に慣れていない音痴は、自分で音がズレてると感じているケースです。
この場合は、自分の発声がある程度理解できているので、後は耳で聴いた音を正しく発声するだけです。
歌う事に緊張して喉がこわばっている場合や、1人で歌う事には慣れているのに人前では恥ずかしくなって上手く歌えない場合もあります。
これらは精神的な理由によるもので、ただ単に歌うことに慣れていないだけなのです。
人前で歌を歌うという行為に慣れさえすれば、この手の音痴は比較的簡単に改善されるでしょう。
ですので、自分が音痴だからといって、人前で歌うことを避けるのは逆効果になります。
歌うという行為に慣れていくに従って、自然に音痴も改善されていくはずです。
あなたの音痴を治す為にも、恥ずかしがらず積極的に歌う機会を増やすようにして行きましょう。